米国を拠点に活動中 “世界の喜多郎”の知られざる私生活

公開日: 更新日:

 1980年代、日中共同制作ドキュメンタリー「NHK特集 シルクロード」が放送され、高視聴率を記録。砂漠を歩くラクダの映像とともに流れるテーマ音楽は郷愁を誘い、中国への関心を大いにかき立てられたものだ。音楽を担当した喜多郎さん(66)、今どうしているのか。

  ◇  ◇  ◇

 喜多郎さんに会ったのは、JR新橋駅から徒歩5分のミュージック&バー「銀座まじかな」。この日、喜多郎さんは友人が経営するこの店で打ち合わせをしていた。

「来年、『シルクロード』40周年なので、今年から来年にかけては日本や中国を中心に、公演をいろいろ企画しています。3月29日は出雲市民会館で『古事記と宇宙』という宇宙の映像とドッキングさせたスペシャルコンサートを、5月からは北京や上海など中国でツアーをやります。『シルクロード』は中国でも放送されてとても好評だったので、これまでもコンサートをしていますが、会場は4000~5000人規模。日本にはなかなかない大きさですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る