癌6度と人工透析 梅宮辰夫“満身創痍”も救いはアンナの自立

公開日: 更新日:

 梅宮辰夫(80)が週刊新潮で6度目のがんと人工透析を受けていることを告白、芸能界に衝撃が走っている。

 長女の梅宮アンナ(46)はこのほど都内で会見。梅宮が昨年9月に前立腺がん、今年1月に左腎盂尿管がんの手術を受けたことを明かした。手術で腎臓をひとつ摘出した梅宮は術後、週3回、毎回4時間の人工透析を受けるようになったそうだ。

 1974年に睾丸がんとなり、さらに胃がん、16年には十二指腸乳頭部がんが見つかり、外科手術を受けてきた梅宮。アンナは「毎回、今回は駄目かなと思うけど、今回も復活した。退院の10日前には元気になり、自動車免許の高齢者講習に行く、大丈夫だって話してます」と続けた。芸能リポーターの城下尊之氏が言う。

「梅宮さんはご自身の健康について、常に気に掛けられ、毎年の精密検査を欠かさないとおっしゃっていました。以前、ポリープを切除すると伺ったとき、大丈夫ですかと向けたら『大したことない。ハッハッハ』と笑い飛ばしていた。そんな梅宮さんもかなりおつらい状況なのかなという印象です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る