家族で辰夫の“回復アピール” 梅宮アンナ緊急会見の裏側

公開日:  更新日:

 第一声はこうだった。

「結論から申しますと、今現在、父は非常に元気にしております。どうかと思う時もありましたが、現在は自宅で療養しております」

 8日発売の「週刊新潮」の記事を受け、7日夕に緊急会見を行った梅宮アンナ(44)。およそ150人の報道陣(スチル31社、ムービー28社)を前に語ったのは、父で俳優の梅宮辰夫(78)に関するがん報道の“真相”だ。

「病名は十二指腸乳頭部がんで、ステージは1から2の間。十二指腸と胆のうは全て取って、すい臓も摘出。あと胃をちょこっと。悪いところはすべて取りました」。黄疸などの症状が出て6月24日に検査を受け、発覚。7月26日に12時間に及ぶ長時間の手術を行うも、約2週間後の8月11日には退院したという。一時は体に10本以上のチューブが入っていたが、「医者も驚くほどの回復力」で、すでに梅宮の希望で寿司屋やBBQに行くほどまでに。「ここ30年以上、父は3カ月から半年に一回は病院に行っていた」という言葉通り、早期発見が功を奏したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る