家族で辰夫の“回復アピール” 梅宮アンナ緊急会見の裏側

公開日:  更新日:

 第一声はこうだった。

「結論から申しますと、今現在、父は非常に元気にしております。どうかと思う時もありましたが、現在は自宅で療養しております」

 8日発売の「週刊新潮」の記事を受け、7日夕に緊急会見を行った梅宮アンナ(44)。およそ150人の報道陣(スチル31社、ムービー28社)を前に語ったのは、父で俳優の梅宮辰夫(78)に関するがん報道の“真相”だ。

「病名は十二指腸乳頭部がんで、ステージは1から2の間。十二指腸と胆のうは全て取って、すい臓も摘出。あと胃をちょこっと。悪いところはすべて取りました」。黄疸などの症状が出て6月24日に検査を受け、発覚。7月26日に12時間に及ぶ長時間の手術を行うも、約2週間後の8月11日には退院したという。一時は体に10本以上のチューブが入っていたが、「医者も驚くほどの回復力」で、すでに梅宮の希望で寿司屋やBBQに行くほどまでに。「ここ30年以上、父は3カ月から半年に一回は病院に行っていた」という言葉通り、早期発見が功を奏したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る