クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

道(1954年、イタリア)

公開日: 更新日:

 粗野で暴力的な男ザンパノは、貧乏な子だくさん一家からタダ同然で買い取った若い女性ジェルソミーナを助手に旅芸の日々を送る。彼女は、頭が弱く、大道芸での2人のやりとりは、ほほ笑ましくもあるが、どこかもの悲しさを感じる。

 それでも彼女の心はどこまでも純粋で、ザンパノとの旅芸の日々に嫌気が差す。そんな道中で出会った綱渡り師は、自分はダメな人間だと思っている彼女を諭す。「どんなものでも何かの役に立ってる。この石ころだって」と。

 その言葉に心を動かされたザンパノは彼女にセックスを強要。まるで野獣のような男を哀れむようになり、求婚を迫ったような彼女のセリフだ。

 女癖も酒癖も悪い男はそれを聞き流し、過失で綱渡り師を撲殺してしまう。それ以来、彼女は放心状態に……。

「ゴッドファーザー」のテーマ曲で有名な作曲家ニーノ・ロータのメロディーはもの悲しくも美しい。白黒の映像は、夢を見てるかのような幻想的な効果をもたらし、まるで小川のせせらぎのような感動を呼ぶ。そこに描かれているのは、命の尊さだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る