クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

鍵泥棒のメソッド(2012年、日本)

公開日: 更新日:

 自殺願望を募らせたビンボー役者の桜井とスゴ腕の殺し屋コンドウは、ひょんなことから同じ銭湯へ。せっけんを踏んでスッ転んだコンドウは頭部を強打し、記憶喪失になったため、桜井はコンドウになりすまし、2人の人生が逆転する。

 2人に絡む、冷酷なヤクザやクソ真面目な美人雑誌編集長。4人を交えて、物語は二転三転しながら、胸キュンのラストまで予測不能なシーンが続く。

 監督は、「アフタースクール」などでおなじみの内田けんじ。観客にひとつのカタチを思い込ませておいて、スカッと裏切るプロット作りに定評がある。

 本作も、コンドウは冷酷な殺し屋だと思わせながら、売れない役者に転身させる。必死に役者に専念しようと奮闘するコンドウをコミカルにとらえる。記憶がよみがえると、実は殺し屋ではなくて……。そんなコンドウと桜井を巧みに演じ分けているのが、いまや押しも押されもせぬ顔芸役者の香川照之だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る