クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

鍵泥棒のメソッド(2012年、日本)

公開日: 更新日:

 自殺願望を募らせたビンボー役者の桜井とスゴ腕の殺し屋コンドウは、ひょんなことから同じ銭湯へ。せっけんを踏んでスッ転んだコンドウは頭部を強打し、記憶喪失になったため、桜井はコンドウになりすまし、2人の人生が逆転する。

 2人に絡む、冷酷なヤクザやクソ真面目な美人雑誌編集長。4人を交えて、物語は二転三転しながら、胸キュンのラストまで予測不能なシーンが続く。

 監督は、「アフタースクール」などでおなじみの内田けんじ。観客にひとつのカタチを思い込ませておいて、スカッと裏切るプロット作りに定評がある。

 本作も、コンドウは冷酷な殺し屋だと思わせながら、売れない役者に転身させる。必死に役者に専念しようと奮闘するコンドウをコミカルにとらえる。記憶がよみがえると、実は殺し屋ではなくて……。そんなコンドウと桜井を巧みに演じ分けているのが、いまや押しも押されもせぬ顔芸役者の香川照之だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る