クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ヴェルサイユの宮廷庭師(2014年、英国)

公開日: 更新日:

 17世紀フランスで、国王ルイ14世は宮殿の増改築を計画。宮仕えの庭園建築家アンドレは、園内の“舞踏の間”をデザインする庭師を公募する。女性の社会的地位が低かった時代、目に留まったのは無名の女性庭師サビーヌだった。

 ヴェルサイユとかルイとかいうと、宝塚っぽくて敬遠しがち。でも、そんなフランスを舞台にした人間ドラマとして本作を見るといい。貴族の気取った感じをユーモラスに映し出していて、現代にも通じる人間模様をテンポよく描く。

 アンドレはサビーヌに冷たい態度を取っていたが、秘書の一言で一緒に働くことを決意。その秘書の言葉だ。

 サビーヌ役は、オスカー女優のケイト・ウィンスレット。仕事に頑固で情熱的な女性を見事に演じる。

 アンドレとのベッドシーンでヌードは拝めないが、セクシーな演技にそそられる。「彼女のための映画」といっても過言ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る