碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

NHK「ひよっこ2」の懐かしさ 2年後も有村架純に会いたい

公開日: 更新日:

 わずか2年前の朝ドラなのに、どうしてこんなに懐かしいのだろう。先週放送されたNHK「ひよっこ2」全4話だ。ドラマの中の時間も2年が過ぎていて、大阪万博があった1970(昭和45)年が舞台。みね子(有村架純)は結婚後も変わらず、東京・赤坂の「すずふり亭」で働いている。店主の鈴子(宮本信子)や、愛子(和久井映見)と結婚した料理長の省吾(佐々木蔵之介)も元気だ。

 また親友の時子(佐久間由衣)、幼なじみの三男(泉澤祐希)、一緒に働いていた乙女寮の同僚たち(松本穂香、藤野涼子ら)も、それぞれの場所で頑張っている。

 もちろん故郷の奥茨城に暮らす人たちも同様だ。花づくりに励む両親(沢村一樹木村佳乃)と祖父(古谷一行)、そして高校生になり初恋真っ最中の妹(宮原和)も元気だ。そう、2年後の彼らに大きな変化はない。今回の物語の中でも驚きの事件や出来事が起きたりはしない。しかし、そのことに安堵し、うれしくなってくるから不思議だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る