有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

公開日: 更新日:

 昭和30~40年代を舞台に、有村架純(26)がヒロインを演じたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年度上期)の続編「ひよっこ2」が、25日から4夜連続で放送される。NHK朝ドラの続編は第76作「どんど晴れ」(07年度上期)以来、地上波の放送となると、第64作「ちゅらさん」(01年度上期)以来だという。

「第89作の『べっぴんさん』(16年度下期)以降、朝ドラはBSプレミアムでスピンオフ作品を放送するのが恒例になっていますが、“続編”を地上波で、というのは異例です」(テレビ誌記者)

 有村扮するみね子が、勤務先の洋食店すずふり亭の見習いコック・ヒデ(磯村勇斗)と結婚するほか、数々のカップルが生まれてハッピーエンドの前作。「ひよっこ2」はその2年後、昭和45年秋から始まる。

 女優になった時子(佐久間由衣)、時子にフラれて勤め先の米屋の娘と結婚した三男(泉澤祐希)といったみね子の同級生、みね子の両親(沢村一樹、木村佳乃)、すずふり亭、乙女寮、あかね荘の面々など、気になることは多いが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る