由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

なぜ?11年目の紅白歌合戦は落選…ものすごく屈辱的でした

公開日: 更新日:

 紅白歌合戦には10年間連続出場しました。11年目も出場できると思っていたけど、声がかからなかった。なんで? どうして? 選ばれない理由がわからない。この人が入って私が落ちるってどういうことなの? と愕然としました。だって、紅白用のドレスまで作ってましたから。

 その頃、年末のディナーショーをやるのがはやってたのね。紅白落選の12月はあちこちのホテルで22日間もクリスマスコンサートの予定がありました。それなのに、紅白の出場者リストに自分の名前が載っていなくて、どうやってお客さまの前に出ていこうかと悩みました。それで仕方なく「ごめんなさい。これ、本当は紅白で着るはずだったドレスだけど、今日は悔しいから見せちゃうわ」と、紅白用に準備していたドレスを着てクリスマスショーをやったんです。でも、もう悔しくて悔しくて。ものすごく屈辱的でした。


 落選した翌年は落ち込んじゃって。一体、何がいけなかったの? 私は歌を歌っていいの? って問い続け、自信を失ってしまいました。そしてある日ふと、「そうだ! NHKが呼んでくれないなら、私がNHKホールを借りて、15周年コンサートやろう!」って思い立ったのね。オーケストラで自分の歌をもう一度歌い直したら新しい何かが見えるんじゃないかと思ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る