由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

なぜ?11年目の紅白歌合戦は落選…ものすごく屈辱的でした

公開日: 更新日:

 紅白歌合戦には10年間連続出場しました。11年目も出場できると思っていたけど、声がかからなかった。なんで? どうして? 選ばれない理由がわからない。この人が入って私が落ちるってどういうことなの? と愕然としました。だって、紅白用のドレスまで作ってましたから。

 その頃、年末のディナーショーをやるのがはやってたのね。紅白落選の12月はあちこちのホテルで22日間もクリスマスコンサートの予定がありました。それなのに、紅白の出場者リストに自分の名前が載っていなくて、どうやってお客さまの前に出ていこうかと悩みました。それで仕方なく「ごめんなさい。これ、本当は紅白で着るはずだったドレスだけど、今日は悔しいから見せちゃうわ」と、紅白用に準備していたドレスを着てクリスマスショーをやったんです。でも、もう悔しくて悔しくて。ものすごく屈辱的でした。


 落選した翌年は落ち込んじゃって。一体、何がいけなかったの? 私は歌を歌っていいの? って問い続け、自信を失ってしまいました。そしてある日ふと、「そうだ! NHKが呼んでくれないなら、私がNHKホールを借りて、15周年コンサートやろう!」って思い立ったのね。オーケストラで自分の歌をもう一度歌い直したら新しい何かが見えるんじゃないかと思ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る