碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

攻めと守り 井上由美子脚本が冴えるテレ朝「緊急取調室」

公開日: 更新日:

 今期が第3シーズンの天海祐希主演「緊急取調室」(テレビ朝日系)。支持される最大の理由は他の刑事ドラマとの差別化にある。一般的に刑事ドラマは犯人逮捕までの過程が物語の中心だ。しかし、このドラマは容疑者を確保したところからスタートする。いかにして本人に「犯人であること」を認めさせるか。逆にどうやって「犯人ではないこと」を立証するか。そこが見どころだ。

 先週の第2話は趣向を凝らしていた。女流棋士の対局が行われている最中に、スポンサー企業の社長が急死する。服用中の薬を飲むために持参した水筒に、毒キノコの粉末が混入していたのだ。容疑者は対局していた橘日名子(松井珠理奈)と宗形あずさ(紺野まひる)。それぞれが社長を恨む事情を抱えていた。

 見せ場はドラマの後半。2人は別々の部屋に入れられ、同時進行で取り調べが行われる。キントリ側は互いの状況を音声で確認しながら追い詰めていく。ヒロインの真壁有希子(天海)、小石川(小日向文世)、菱本(でんでん)、そして「ホトケの善さん」こと中田善次郎(大杉漣)の後任である玉垣(塚地武雅)による巧みな連携プレーだ。

 相手が犯人だという主張(攻め)と、自分は無実だという主張(守り)。その十字砲火の応酬には、中断された対局の続きを見るような緊迫感があった。井上由美子が手掛ける脚本の冴えだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る