碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「ハラスメントゲーム」は起伏に富む社会派エンタメの佳作

公開日:

 唐沢寿明主演「ハラスメントゲーム」(テレビ東京系)は、社会派エンタメの佳作と言っていい。主人公の秋津渉(唐沢)は、大手スーパー「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室長だ。パワハラ疑惑で地方に左遷されて7年目、いきなり本社に呼び戻されて室長となった。

 これまで、社内で発生した「パワハラ」「セクハラ」はもちろん、リストラにまつわる「リスハラ」や精神的な暴力にあたる「モラハラ(モラルハラスメント)」などの問題を解決してきた。しかも正攻法だけではない。時には危ない橋も渡るし、清濁併せのむことも辞さない。会社や組織の理不尽さも知り尽くしているし、単純な「正義の人」でもない。そんな秋津を、唐沢がアクセントの効いた演技できっちりと具現化している。

 背景にあるのは丸尾社長(滝藤賢一)と脇田常務(高嶋政宏)の権力闘争だ。コンプラ室は社長直轄の部署であり、秋津は脇田のスキャンダルを探る密命を帯びている。また脇田は、出世のために上司だった秋津を左遷へと追い込んだ男だ。

 この辺り、同名の原作小説も手がけた、井上由美子の脚本がうまい。パワハラやセクハラが一筋縄では対処できないことを踏まえ、毎回リアルで起伏に富んだストーリーを編んでいる。個々の事案をどう解決していくかと同時に、秋津と脇田の静かな戦いにも注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る