碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「わた定」は生き方や働き方を問いかけるドラマなのだ

公開日: 更新日:

 吉高由里子主演「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)は、単なる“お仕事ドラマ”ではない。会社、仕事、そして働き方といったものが、自分の「生き方」とどう関わるのかを問いかけるドラマだからだ。原作は朱野帰子の同名小説。32歳の東山結衣(吉高)は、企業のウェブサイトやアプリを制作する会社に入って10年になる。周囲にはクセ者の上司(ユースケ・サンタマリア)や仕事第一の元カレ(向井理)、短期の出産休暇で職場復帰した先輩(内田有紀)などがいる。

 結衣は仕事のできる中堅社員だが、決して残業はしない。定時に会社を出るのがポリシーだ。理由は明快で、勤務時間が終わったら自分の時間だ。たとえば恋人(中丸雄一)と一緒に食事をしたり、自分の好きなことをしたりして過ごす。そんな当たり前のことを堅持したいだけなのだ。

 もちろんあつれきはある。「仕事する気があるのか」「会社ってそんなもんじゃない」といった声も耳に届く。でも結衣は自分の考えを正義だとして、他者に押しつけたりはしない。仕事が私生活よりも優先されるべきだとは思えない根拠は、彼女の過去の体験の中にある。

 近年、「働き方改革」といわれ、企業は制度をいじってきた。しかし、人が変わらなければ働き方など変わらない。このドラマはそこを描いている。さて、“たったひとりの反乱”の行方は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る