碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「わた定」は生き方や働き方を問いかけるドラマなのだ

公開日: 更新日:

 吉高由里子主演「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)は、単なる“お仕事ドラマ”ではない。会社、仕事、そして働き方といったものが、自分の「生き方」とどう関わるのかを問いかけるドラマだからだ。原作は朱野帰子の同名小説。32歳の東山結衣(吉高)は、企業のウェブサイトやアプリを制作する会社に入って10年になる。周囲にはクセ者の上司(ユースケ・サンタマリア)や仕事第一の元カレ(向井理)、短期の出産休暇で職場復帰した先輩(内田有紀)などがいる。

 結衣は仕事のできる中堅社員だが、決して残業はしない。定時に会社を出るのがポリシーだ。理由は明快で、勤務時間が終わったら自分の時間だ。たとえば恋人(中丸雄一)と一緒に食事をしたり、自分の好きなことをしたりして過ごす。そんな当たり前のことを堅持したいだけなのだ。

 もちろんあつれきはある。「仕事する気があるのか」「会社ってそんなもんじゃない」といった声も耳に届く。でも結衣は自分の考えを正義だとして、他者に押しつけたりはしない。仕事が私生活よりも優先されるべきだとは思えない根拠は、彼女の過去の体験の中にある。

 近年、「働き方改革」といわれ、企業は制度をいじってきた。しかし、人が変わらなければ働き方など変わらない。このドラマはそこを描いている。さて、“たったひとりの反乱”の行方は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る