碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

「わた定」は生き方や働き方を問いかけるドラマなのだ

公開日: 更新日:

 吉高由里子主演「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)は、単なる“お仕事ドラマ”ではない。会社、仕事、そして働き方といったものが、自分の「生き方」とどう関わるのかを問いかけるドラマだからだ。原作は朱野帰子の同名小説。32歳の東山結衣(吉高)は、企業のウェブサイトやアプリを制作する会社に入って10年になる。周囲にはクセ者の上司(ユースケ・サンタマリア)や仕事第一の元カレ(向井理)、短期の出産休暇で職場復帰した先輩(内田有紀)などがいる。

 結衣は仕事のできる中堅社員だが、決して残業はしない。定時に会社を出るのがポリシーだ。理由は明快で、勤務時間が終わったら自分の時間だ。たとえば恋人(中丸雄一)と一緒に食事をしたり、自分の好きなことをしたりして過ごす。そんな当たり前のことを堅持したいだけなのだ。

 もちろんあつれきはある。「仕事する気があるのか」「会社ってそんなもんじゃない」といった声も耳に届く。でも結衣は自分の考えを正義だとして、他者に押しつけたりはしない。仕事が私生活よりも優先されるべきだとは思えない根拠は、彼女の過去の体験の中にある。

 近年、「働き方改革」といわれ、企業は制度をいじってきた。しかし、人が変わらなければ働き方など変わらない。このドラマはそこを描いている。さて、“たったひとりの反乱”の行方は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷