タレント坂本ちゃん 8000万円がスッカラカンも貧乏に恍惚

公開日: 更新日:

 ところが、手当たり次第受けた劇団のオーディションは全滅。お笑いコンビを組み、今も所属してる浅井企画に辛うじて受け入れていただいたものの、いまひとつパッとしないまま1年余り……。

■一時は年収8000万円

 そんな時ですわ。2000年初夏、「電波少年」の「電波少年的東大一直線」に抜擢されたんです。短期バイト先の栃木県の日光江戸村から、いきなり“連行”された先は新宿区内のマンション。

 そして番組スタート。勉強の習熟度を測るミニ試験で、80点以上取れないとごはんが出ないのには泣かされたけど、生活に困らないのはすごくうれしかった。野方のお家賃は番組が払ってくれたし。そして01年3月。東大には合格しなかったけど、実際に入学した日本大学のほか、私立は8勝6敗。企画はハッピーエンドでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  10. 10

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る