嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

公開日: 更新日:

■インスタグラム“加工疑惑”も

 弘中アナの公式インスタグラムはフォロワーが30万人もいる。5月13日にアップされた画像(写真)には「乃木坂46のメンバーみたい」「可愛い」の声が続出。ところが、実物の弘中アナはNHKの「チコちゃん」というか「ちびまる子ちゃん」みたいな感じ。そのため過去には“インスタ加工疑惑”も一部で報じられた。

 また、昨年は人気ロックバンド「ONE OK ROCK」のギタリスト・Toruとの“お泊まり愛”もスクープされた。こうした事象が重なり、弘中アナは世の女性をイラつかせ、アンチを増やしているのかもしれない。

「女性の視聴者は女性アナウンサーや女優に対して厳しい一面があります。女性向けのメディアなどで吉岡里帆小島瑠璃子の批判記事も見かけますが、根底には“たいして美人でもないのに、男にこびてだらしない”という感情があるのでしょう。それをニヤニヤしながら鼻を伸ばしている男性にも腹を立てているのかもしれません。もしかしたら弘中アナも“同類”に見られているのかもしれませんが、彼女は頭の回転が速いしメンタルも強そうだから、少々の批判はヘッチャラでしょう。そこがまた女性たちの神経を逆なでしている可能性もあります。ハッキリ言えるのは、テレ朝がその弘中アナを確信犯的に重用しているということです」(佐々木博之氏)

 少し前まで元TBSアナの田中みな実宇垣美里が似たようなポジションにいたが今や弘中アナがその座を奪ったといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る