岡田准一「白い巨塔」高視聴率も…残念コメント相次ぐワケ

公開日: 更新日:

 最終話の平均視聴率は15.2%と、有終の美を飾ったテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「白い巨塔」。5月22~26日の5夜連続で放送され、野心むき出しの天才外科医・財前五郎役をV6の岡田准一(38)が務めた。

 言うまでもないが、山崎豊子の同名長編小説が原作。映画も含めて日本で映像化されるのは、これで6回目だ。テレビの連ドラでは1978~1979年にわたって田宮二郎が、2003年には唐沢寿明が主人公の財前を演じている。

 岡田版の初回視聴率は12.5%で、第2話こそ11.8%と少し下げたが、その後は12.2%→13.5%、最終話が15.2%と尻上がりで数字を上げた。唐沢版は平均20%超えだったとはいえ、テレビ離れの今のご時世、十分に合格点だろう。ところが、ネット上の反応は芳しくない。

〈田宮二郎、唐沢寿明の方が良かった〉〈がっかりした〉〈主役が若すぎる〉〈キャスティングが悪すぎる〉などなど、高視聴率と反比例するように批判的なコメントが相次いでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る