岡田准一「白い巨塔」高視聴率も…残念コメント相次ぐワケ

公開日: 更新日:

 最終話の平均視聴率は15.2%と、有終の美を飾ったテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「白い巨塔」。5月22~26日の5夜連続で放送され、野心むき出しの天才外科医・財前五郎役をV6の岡田准一(38)が務めた。

 言うまでもないが、山崎豊子の同名長編小説が原作。映画も含めて日本で映像化されるのは、これで6回目だ。テレビの連ドラでは1978~1979年にわたって田宮二郎が、2003年には唐沢寿明が主人公の財前を演じている。

 岡田版の初回視聴率は12.5%で、第2話こそ11.8%と少し下げたが、その後は12.2%→13.5%、最終話が15.2%と尻上がりで数字を上げた。唐沢版は平均20%超えだったとはいえ、テレビ離れの今のご時世、十分に合格点だろう。ところが、ネット上の反応は芳しくない。

〈田宮二郎、唐沢寿明の方が良かった〉〈がっかりした〉〈主役が若すぎる〉〈キャスティングが悪すぎる〉などなど、高視聴率と反比例するように批判的なコメントが相次いでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  7. 7

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  8. 8

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

もっと見る