昇太兄さんが悪魔の囁き「落語家がこまつ座に出るなんて」

公開日: 更新日:

 大谷翔平選手の二刀流が話題になっているが、落語家でも新作落語と古典落語の二刀流を駆使する人気者がいる。春風亭昇太、立川志らく、そして、柳家喬太郎だ。その喬太郎が紀伊國屋サザンシアターのこまつ座公演、「たいこどんどん」(5月5~20日)に幇間(たいこもち)役で主演する。今度は落語と芝居の主役の二刀流に挑むわけだ。そこで、喬太郎に大いに語ってもらった。

 まずは、出演に至った経緯から伺おう。

「昇太兄さんから電話がありまして。『今度ラサール石井さんがこまつ座公演の演出をすることになって、君に出ないかと言ってる。落語家がこまつ座に出られるなんてめったにないよ。生涯ないかも』と、まるで悪魔の囁きのように勧めて下さいました」

 昇太と親しいラサール石井は、近年演出家としての評価が高い。その人が喬太郎に白羽の矢を立てたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る