昇太兄さんが悪魔の囁き「落語家がこまつ座に出るなんて」

公開日: 更新日:

 大谷翔平選手の二刀流が話題になっているが、落語家でも新作落語と古典落語の二刀流を駆使する人気者がいる。春風亭昇太、立川志らく、そして、柳家喬太郎だ。その喬太郎が紀伊國屋サザンシアターのこまつ座公演、「たいこどんどん」(5月5~20日)に幇間(たいこもち)役で主演する。今度は落語と芝居の主役の二刀流に挑むわけだ。そこで、喬太郎に大いに語ってもらった。

 まずは、出演に至った経緯から伺おう。

「昇太兄さんから電話がありまして。『今度ラサール石井さんがこまつ座公演の演出をすることになって、君に出ないかと言ってる。落語家がこまつ座に出られるなんてめったにないよ。生涯ないかも』と、まるで悪魔の囁きのように勧めて下さいました」

 昇太と親しいラサール石井は、近年演出家としての評価が高い。その人が喬太郎に白羽の矢を立てたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る