昇太兄さんが悪魔の囁き「落語家がこまつ座に出るなんて」

公開日:

 大谷翔平選手の二刀流が話題になっているが、落語家でも新作落語と古典落語の二刀流を駆使する人気者がいる。春風亭昇太、立川志らく、そして、柳家喬太郎だ。その喬太郎が紀伊國屋サザンシアターのこまつ座公演、「たいこどんどん」(5月5~20日)に幇間(たいこもち)役で主演する。今度は落語と芝居の主役の二刀流に挑むわけだ。そこで、喬太郎に大いに語ってもらった。

 まずは、出演に至った経緯から伺おう。

「昇太兄さんから電話がありまして。『今度ラサール石井さんがこまつ座公演の演出をすることになって、君に出ないかと言ってる。落語家がこまつ座に出られるなんてめったにないよ。生涯ないかも』と、まるで悪魔の囁きのように勧めて下さいました」

 昇太と親しいラサール石井は、近年演出家としての評価が高い。その人が喬太郎に白羽の矢を立てたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る