• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昇太兄さんが悪魔の囁き「落語家がこまつ座に出るなんて」

 大谷翔平選手の二刀流が話題になっているが、落語家でも新作落語と古典落語の二刀流を駆使する人気者がいる。春風亭昇太、立川志らく、そして、柳家喬太郎だ。その喬太郎が紀伊國屋サザンシアターのこまつ座公演、「たいこどんどん」(5月5~20日)に幇間(たいこもち)役で主演する。今度は落語と芝居の主役の二刀流に挑むわけだ。そこで、喬太郎に大いに語ってもらった。

 まずは、出演に至った経緯から伺おう。

「昇太兄さんから電話がありまして。『今度ラサール石井さんがこまつ座公演の演出をすることになって、君に出ないかと言ってる。落語家がこまつ座に出られるなんてめったにないよ。生涯ないかも』と、まるで悪魔の囁きのように勧めて下さいました」

 昇太と親しいラサール石井は、近年演出家としての評価が高い。その人が喬太郎に白羽の矢を立てたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る