本家本元の小泉今日子に「キョンキョンですよね」

公開日: 更新日:

 喬太郎は以前から「女を演じるとうまい」という評価を得ていた。特に可愛い女が。大病から復帰後、それに加えて、登場人物がエキセントリックになったり、狂気を発することがあり、圧倒的に笑いの量が増えた。

 さらに、笑いの中にもペーソスがある新作もできた。「ハワイの雪」「母恋いくらげ」などがそうで、滑稽なだけでなく、噺全体に哀感が漂うのだ。

「それは僕の中に陰の部分があるからだと思います。昇太兄さんに、『喬太郎はその気になればどんな滑稽噺でも人情噺になっちゃうからな』と言われましたが、落語の登場人物たちの人間性が哀しみをかもし出す。それはつかこうへい劇団の芝居の影響かもしれません」

 確かに、喬太郎の新作はつかの芝居に通じるテイストがある。

「『ハワイの雪』で泣かせようと湿っぽく演じていたら、師匠のさん喬に『ああいう噺は明るくやったほうが哀しいんだ』とアドバイスされました。まさに目からうろこでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る