• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本家本元の小泉今日子に「キョンキョンですよね」

 喬太郎は以前から「女を演じるとうまい」という評価を得ていた。特に可愛い女が。大病から復帰後、それに加えて、登場人物がエキセントリックになったり、狂気を発することがあり、圧倒的に笑いの量が増えた。

 さらに、笑いの中にもペーソスがある新作もできた。「ハワイの雪」「母恋いくらげ」などがそうで、滑稽なだけでなく、噺全体に哀感が漂うのだ。

「それは僕の中に陰の部分があるからだと思います。昇太兄さんに、『喬太郎はその気になればどんな滑稽噺でも人情噺になっちゃうからな』と言われましたが、落語の登場人物たちの人間性が哀しみをかもし出す。それはつかこうへい劇団の芝居の影響かもしれません」

 確かに、喬太郎の新作はつかの芝居に通じるテイストがある。

「『ハワイの雪』で泣かせようと湿っぽく演じていたら、師匠のさん喬に『ああいう噺は明るくやったほうが哀しいんだ』とアドバイスされました。まさに目からうろこでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る