本家本元の小泉今日子に「キョンキョンですよね」

公開日:

 喬太郎は以前から「女を演じるとうまい」という評価を得ていた。特に可愛い女が。大病から復帰後、それに加えて、登場人物がエキセントリックになったり、狂気を発することがあり、圧倒的に笑いの量が増えた。

 さらに、笑いの中にもペーソスがある新作もできた。「ハワイの雪」「母恋いくらげ」などがそうで、滑稽なだけでなく、噺全体に哀感が漂うのだ。

「それは僕の中に陰の部分があるからだと思います。昇太兄さんに、『喬太郎はその気になればどんな滑稽噺でも人情噺になっちゃうからな』と言われましたが、落語の登場人物たちの人間性が哀しみをかもし出す。それはつかこうへい劇団の芝居の影響かもしれません」

 確かに、喬太郎の新作はつかの芝居に通じるテイストがある。

「『ハワイの雪』で泣かせようと湿っぽく演じていたら、師匠のさん喬に『ああいう噺は明るくやったほうが哀しいんだ』とアドバイスされました。まさに目からうろこでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る