本家本元の小泉今日子に「キョンキョンですよね」

公開日:

 喬太郎は以前から「女を演じるとうまい」という評価を得ていた。特に可愛い女が。大病から復帰後、それに加えて、登場人物がエキセントリックになったり、狂気を発することがあり、圧倒的に笑いの量が増えた。

 さらに、笑いの中にもペーソスがある新作もできた。「ハワイの雪」「母恋いくらげ」などがそうで、滑稽なだけでなく、噺全体に哀感が漂うのだ。

「それは僕の中に陰の部分があるからだと思います。昇太兄さんに、『喬太郎はその気になればどんな滑稽噺でも人情噺になっちゃうからな』と言われましたが、落語の登場人物たちの人間性が哀しみをかもし出す。それはつかこうへい劇団の芝居の影響かもしれません」

 確かに、喬太郎の新作はつかの芝居に通じるテイストがある。

「『ハワイの雪』で泣かせようと湿っぽく演じていたら、師匠のさん喬に『ああいう噺は明るくやったほうが哀しいんだ』とアドバイスされました。まさに目からうろこでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る