トリの談志が遅刻するとヒザ代わりがつなぐことに…

公開日: 更新日:

 林家一楽という芸名をもらって寄席に出るようになったとはいえ、池袋演芸場が多かった。当時は端席といわれていたが、厳しい客が多く、若手にとっては格好の修業の場である。

「1980年代、改築前の池袋は古びた寄席で客が少なかった。それなのに、当時協会に在籍していた談志師匠は好んで出てました。ただ、忙しい方なのでしょっちゅう遅刻する」

 トリの談志が遅れると、ヒザ代わり(トリの前の色物)がつなぐことになる。

「あたしも一度ありました。映画の撮影の仕事が延びて40分遅れると楽屋に連絡が入った。談志師匠には、『ヒザ代わりはトリが遅れてることを客に気付かせてはならない』という美学がある。でも、若手の紙切りが汗びっしょりかきながら30分以上切ってるの見りゃ、客は気付きますよ。談志、まだ来てないなって(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る