<1>通夜の後、師匠行きつけの寿司屋で飲んで泣いていたら

公開日: 更新日:

 今月、落語界では久々の大名跡の襲名披露が始まる。三遊亭歌之介が4代目三遊亭円歌を継ぐのだ。円歌といえば、昭和30年代から「授業中」「浪曲社長」「中沢家の人々」などの新作落語で「爆笑王」の異名を取った売れっ子で、一昨年4月に亡くなった。

 鹿児島生まれで大阪育ちの歌之介が東京の落語家になり、苦労の末に円歌を襲名するまでの半生を語ってもらった。まずは襲名に至る経緯から伺おう。

「師匠が80を越えた頃、一門が集まった席で、『4代目は歌之介に継がせる。いいな』とおっしゃってくれたんです。それで兄弟子たちも了解して下さり、亡くなる前年、落語協会の納会で、柳亭市馬会長と鈴本演芸場のお席亭に、『歌之介に円歌を継がせるからよろしく』と頼んで下さった。そんな流れがあって昨年4月、国立演芸場での1周忌追善興行の席で正式発表したわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る