里見浩太朗主演「田原坂」見て西郷さんを落語にしたいと…

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「西郷どん」が佳境に入った。主人公の西郷隆盛を題材にした新作落語「田原坂」を演じる落語家がいる。鹿児島県出身の桂竹丸で、今週の8日に催す落語会で演じるという。大河ドラマに便乗して作ったのではなく、以前から歴史ものの噺に取り組んでいる。

「1980年代、日本テレビ系で年末に長編時代劇ドラマを放送してました。主演が里見浩太朗さんで、そのシリーズの『田原坂』を見て、西郷さんを落語にしたいと思ったのが最初です。ドラマの脚本家、杉山義法先生の許しを得まして、落語作家に協力してもらい、『田原坂』という落語が出来上がりました」

 私も何度か聴いている。地の語りで物語を進める「地噺」で、西郷の有名な逸話を織り交ぜながら、坂本龍馬や勝海舟との交流などをはさみ、西南戦争で没するまでを描いた秀逸な新作落語だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  9. 9

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  10. 10

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

もっと見る