ヒット映画に生け花、相撲…世界共通のお題は「ドラゴン」

公開日: 更新日:

 紙切りを見ていると、実にハサミの切れ味が良さそうだが、どんなハサミを使っているのだろうか。

「特別な物ではありません。文房具屋でなく、刃物屋で売っている刃先がちょっと長いハサミです。研ぐのが難しいので手入れはしませんね。切れなくなったら買い替えます」

 刃物が商売道具となると、空港の手荷物検査で引っかかることがあると思うのだが。

「いちいち説明するのが面倒なんで、大きなバッグに入れて預けちゃいます。20年前まではよく海外公演に行ってましたんで。紙切りは落語より言葉の壁がない分、海外でも喜ばれます。マジックや曲芸は外国にもあるけど、紙切りは日本だけの芸ですから」

 外国人の客はどんな物を切ってもらいたがるのだろう。

「これが面白くて、ほとんどの客が日本文化にちなんだ物を注文する。生け花とか歌舞伎とか相撲ね。イギリスでロンドンブリッジとかバッキンガム宮殿を注文するのはたいてい在留邦人です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る