ヒット映画に生け花、相撲…世界共通のお題は「ドラゴン」

公開日: 更新日:

 紙切りを見ていると、実にハサミの切れ味が良さそうだが、どんなハサミを使っているのだろうか。

「特別な物ではありません。文房具屋でなく、刃物屋で売っている刃先がちょっと長いハサミです。研ぐのが難しいので手入れはしませんね。切れなくなったら買い替えます」

 刃物が商売道具となると、空港の手荷物検査で引っかかることがあると思うのだが。

「いちいち説明するのが面倒なんで、大きなバッグに入れて預けちゃいます。20年前まではよく海外公演に行ってましたんで。紙切りは落語より言葉の壁がない分、海外でも喜ばれます。マジックや曲芸は外国にもあるけど、紙切りは日本だけの芸ですから」

 外国人の客はどんな物を切ってもらいたがるのだろう。

「これが面白くて、ほとんどの客が日本文化にちなんだ物を注文する。生け花とか歌舞伎とか相撲ね。イギリスでロンドンブリッジとかバッキンガム宮殿を注文するのはたいてい在留邦人です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る