野球選手の注文 昭和は長嶋と王で平成はイチロー令和は?

公開日: 更新日:

 寄席で色物芸人の持ち時間はたいてい15分。時間が押している場合は10分で降りることもある。

「時間が足りなくて、受けた注文を全部切れないと、それを残すのが心苦しい。特に注文したのがお子さんとかお年寄りで、悲しそうな顔をしてるのを見るとね。そういう時は『楽屋で切って木戸口に預けておきますから、帰りに持ってって下さい』と言って降ります」

 末広亭で子供の注文を木戸口に預けておいたのを私は目撃した。その子供はどれほどうれしかったことか。きっと寄席が大好きになったろう。

「お客さまから5つ注文を受けたとして、4枚までとってもうまく切れる日があります。『俺って天才だな』と思えるほどね。ところが、よくしたもので、最後の1枚が失敗する。『やっぱりまだまだだ』と思い直して慢心を戒める。毎日がその繰り返し。それだけ紙切りは奥が深くて面白いんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る