野球選手の注文 昭和は長嶋と王で平成はイチロー令和は?

公開日: 更新日:

 寄席で色物芸人の持ち時間はたいてい15分。時間が押している場合は10分で降りることもある。

「時間が足りなくて、受けた注文を全部切れないと、それを残すのが心苦しい。特に注文したのがお子さんとかお年寄りで、悲しそうな顔をしてるのを見るとね。そういう時は『楽屋で切って木戸口に預けておきますから、帰りに持ってって下さい』と言って降ります」

 末広亭で子供の注文を木戸口に預けておいたのを私は目撃した。その子供はどれほどうれしかったことか。きっと寄席が大好きになったろう。

「お客さまから5つ注文を受けたとして、4枚までとってもうまく切れる日があります。『俺って天才だな』と思えるほどね。ところが、よくしたもので、最後の1枚が失敗する。『やっぱりまだまだだ』と思い直して慢心を戒める。毎日がその繰り返し。それだけ紙切りは奥が深くて面白いんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る