小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

TBS「はやドキ!」中村尚登 ラジオで培った歯切れの良さ

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 米国とイランの緊張が続く中東ホルムズ海峡付近では先月中旬、日本の海運会社のタンカーなど2隻が攻撃された。トランプ米大統領は「イランがやった」「(タンカーは)自国で守るべきだ」と強調している。

 先月25日、TBS系「はやドキ!」でこの問題に触れた、同局ラジオニュースデスクの中村尚登は歯切れが良かった。

「(イランとの)核合意から離脱して緊張を生んでいるのはトランプだ。自国で守れと言うが『米国さえよければ、それでいいんだ』がトランプの発想」

「はやドキ!」では日替わりで解説者が登場。その中で火曜日が一番メリハリがあり、「なるほど」とうなずける解説を聞くことができる。

 中村尚登の名前は正直、あまり馴染みがなかったが、経歴を調べて納得できた。1981年慶大法学部を卒業後、TBSにアナウンサーとして入社、6年後に報道局に異動。その後はラジオが長く、2年前に定年を迎え、フリーになった。TBSラジオで月・木のニュースを担当、「伊集院光とらじおと」にも出演している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る