伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

エフエム東京は役員総退陣 異例株主総会の気になる裏事情

公開日: 更新日:

 株主総会シーズンを迎え、放送界で注目されているのが、25日(火)に開催されるエフエム東京の総会である。何しろ冨木田道臣会長、千代勝美社長など7人の取締役が退任する。役員数は11人なので、4人は留任だが、うち3人が社外取締役なので「役員総取っ換え」に等しい。

 エフエム東京は第三者委員会の設置を決めた。理由は、「連結対象範囲の判断等についての会計上及び内部統制上の問題が発見された」という。185億円の売上高(17年度)を誇るラジオ界トップクラスの企業で、よほどの不祥事が起きたとみるのが自然。だが、同社関係者は否定する。

「『連結対象の範囲』という文言からして、関連会社のデジタルラジオ事業に絡むことではないか。赤字が続き、処理を巡って揉めているのは事実。ただ役員全員が責任を取る性質のものではない」

 むしろ説得力があるのは、名誉相談役の後藤亘MXテレビ会長と冨木田会長との確執だ。後藤氏は、民放界最高齢の86歳ながら、13年に会長を退いてからも隠然たる影響力を行使してきた。冨木田氏はそれがイヤで、近年、距離を置き、2人の仲は険悪となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る