“クリーンでいい人芸人”サンドウィッチマンの悩ましい本音

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の進撃が止まらない。先月発表の認知度と関心度から算出される「2019タレントパワーランキング総合」(「日経エンタテインメント!」発表)ではマツコ・デラックス(2位)や綾瀬はるか(3位)をおさえ、初の1位に輝いた。こわもてな見た目とは裏腹に〈クリーンでいい人〉なイメージが定着している伊達みきお(44)と富澤たけし(45)だが、揃って口にしたのは悩ましい心情だった。

伊達 本音を言うと、好感度はもう大丈夫。というか、これ以上、上がると正直困っちゃうんですよ(苦笑い)。

富澤 プレッシャーにもなるし、余計なことまで考えなきゃいけなくなっちゃう。

伊達 そうそう。芸人って、キワキワなほうが面白かったりするじゃない? もともと俺らはそういう芸風でもあるし、「いい人」って言われると何かがやりづらくなる。

富澤 ありがたいことだけど、大変だなって思ったりもするよね。

伊達 ロケ中などでどう考えても応じられない状況の時に写真撮影を断ると“思っていたのと違う”なんて感じる方もいらっしゃるからね。

 それもこれも、人気売れっ子芸人がゆえの弊害というべきか。2007年のM―1グランプリで王者となって以降、サンドウィッチマンの2人は着実に活躍の場を広げてきた。現在のレギュラー番組は、テレビが12本、ラジオが4本。定期的なお笑いライブへの出演も欠かさない。まさに寝る間を惜しんで精力的に活動しているように映るが、「30代ちょっとまで(活動していても)寝てたようなもの。寝だめもばっちりだから大丈夫」(伊達)とにんまり。こういう気さくな受け答えがお茶の間だけでなく、制作陣からも支持されるのだろう。

 27日放送の「六本木に井戸を掘る!」(テレビ東京、13時10分~)ではMCを務める。同局の人気レギュラー企画「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の発展系ともいえる企画だが、「スタッフさんに聞いたら『企画を出したら通っちゃったんですよ』って言うんですよ。だから、思わず『じゃあ、なんで出したんですか?』って聞き返しました。でも、何かが出てくるかもしれないっていうのは冒険心がくすぐられる。もしもこの企画が続くようなら、それはもう責任と覚悟をもって、テレ東の敷地内を掘ってもらいたいですね」(富澤)。

 取材日当日は井戸が掘られた天祖神社(港区六本木)にて、その一部始終を撮影したVTRを見ながら収録に参加。また梅雨寒の中で傘を差しながら、井戸からくんだばかりの水を張ったタライに両足を入れ、井戸水でキンキンに冷えたスイカをおいしそうに頬張った。そんな2人を見ていたら、さらにレギュラー番組が増えるのも時間の問題か……と思えてくるのだった。

(取材・文=小川泰加/日刊ゲンダイ) 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  6. 6

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

もっと見る