二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

会見で浮き彫り…岡本社長が松本人志に頭が上がらない理由

公開日: 更新日:

「元SMAPの3人を使うな」と民放各局に対する圧力疑惑を公正取引委員会に注意されたジャニーズ事務所。当然、双方とも「圧力はない」と否定したが、なにもなかったら注意するはずもなく、くすぶったままになった。ジャニーズのテレビ局に対する圧力は以前から伝えられていた。

「誰を出すなではなく、ジャニーズとかぶるようなアイドルと一緒の番組なら、うちのタレントは引き揚げることをにおわす。タレントの数できたらテレビ局はお手上げ。今はテレビ局が自主的に忖度している」(テレビ関係者)

 テレビ局の芸能プロに対する忖度なら数多くの芸人を抱え何本もの番組を持つ「吉本興業」も遜色ない存在だが、忖度なく報じているのが今回の闇営業問題。反社会勢力からの金銭授受を報じられて以降、沈黙していた雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が先週末に独自の会見を開いた。痛烈に批判されたのが、2人と話し合いを重ねていた岡本昭彦社長。「全員クビにする」など数々の言葉で恫喝まがいのことをされたことまで明かした。岡本社長も対応するしかない。週明けに会見に臨んだ。一番知りたいポイントは社長の言動が本当にあったか否かにある。すべての質問を受けると誠意を見せていたが、回りくどい言い訳ばかり。恫喝まがいの言葉に対して「YES」とも「NO」とも言えないために、質問をはぐらかすのに精いっぱい。昨年、日大アメフト部選手が「悪質タックルは監督・コーチの指示」と会見。当時の監督・コーチの醜い言い訳とかぶって見えた。「そんなつもりで言ったわけではなかった」という言い訳までそっくり。真実の前には誰も無力なことを痛感する。事態を収拾しようとする岡本社長の取り繕ったような謝罪と「処分撤回」もしらじらしく聞こえるだけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る