二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

会見で浮き彫り…岡本社長が松本人志に頭が上がらない理由

公開日: 更新日:

「元SMAPの3人を使うな」と民放各局に対する圧力疑惑を公正取引委員会に注意されたジャニーズ事務所。当然、双方とも「圧力はない」と否定したが、なにもなかったら注意するはずもなく、くすぶったままになった。ジャニーズのテレビ局に対する圧力は以前から伝えられていた。

「誰を出すなではなく、ジャニーズとかぶるようなアイドルと一緒の番組なら、うちのタレントは引き揚げることをにおわす。タレントの数できたらテレビ局はお手上げ。今はテレビ局が自主的に忖度している」(テレビ関係者)

 テレビ局の芸能プロに対する忖度なら数多くの芸人を抱え何本もの番組を持つ「吉本興業」も遜色ない存在だが、忖度なく報じているのが今回の闇営業問題。反社会勢力からの金銭授受を報じられて以降、沈黙していた雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が先週末に独自の会見を開いた。痛烈に批判されたのが、2人と話し合いを重ねていた岡本昭彦社長。「全員クビにする」など数々の言葉で恫喝まがいのことをされたことまで明かした。岡本社長も対応するしかない。週明けに会見に臨んだ。一番知りたいポイントは社長の言動が本当にあったか否かにある。すべての質問を受けると誠意を見せていたが、回りくどい言い訳ばかり。恫喝まがいの言葉に対して「YES」とも「NO」とも言えないために、質問をはぐらかすのに精いっぱい。昨年、日大アメフト部選手が「悪質タックルは監督・コーチの指示」と会見。当時の監督・コーチの醜い言い訳とかぶって見えた。「そんなつもりで言ったわけではなかった」という言い訳までそっくり。真実の前には誰も無力なことを痛感する。事態を収拾しようとする岡本社長の取り繕ったような謝罪と「処分撤回」もしらじらしく聞こえるだけ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る