ザブングルの熊本奉仕活動は復帰見据えた“戦略的な禊”の声

公開日: 更新日:

 吉本興業・岡本昭彦社長による5時間半に及んだ"グダグダ"会見を経て、さらに波紋が広がっている闇営業問題。いまでは吉本の経営体制を問うまで発展し、あちこちから不満不平が噴出する事態となっているが、その一方で、粛々(?)と謹慎の日々を送っているといえば、「ザブングル」の加藤歩(44)と松尾陽介(42)だ。

 2人も宮迫博之(49)ら11人の芸人らと反社会勢力との会合に参加していたため、先月24日、所属事務所であるワタナベエンターテインメントから謹慎処分を下されていた。本人たちの申し出により、熊本県内の介護施設でボランティア活動を行っているが、そんな彼らが見せた“反省の色”にSNSではさまざまな意見が寄せられている。

 潔く過ちを認め償おうという姿勢を称賛する声や、燃え広がる一方の吉本興業と比較してナベプロの対応の迅速を認める声、はたまた介護施設でのボランティア活動を「罰ゲームみたいにしないで欲しい」という批判的な意見も。また彼らがボランティアとして参加する介護施設がどこなのかという関心も集まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る