桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

目をそむけたくなる 暴行&撲殺がエグ過ぎる韓ドラリメーク

公開日: 更新日:

 タイミングが悪過ぎる――。日韓関係が最悪な時期に夏ドラマのうち韓国ドラマのリメークが3本もあるのだから。大森南朋主演の「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)、唐沢寿明真木よう子の「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)、三浦春馬主演の「TWO WEEKS」(カンテレ、フジテレビ系)だ。

 それぞれ、韓国では大ヒットしたドラマ。ヘイトするつもりは毛頭ないことは先に断っておく。

■なぜ類似品を…

「サイン」は監察医が主役、「ボイス」は妻を殺された敏腕刑事と父を殺された声紋分析官、「TWO WEEKS」は殺人容疑の濡れ衣を着せられた男の逃亡劇。わざわざ韓国のドラマをマネしなくても、と思ってしまうわけで。しかも監察医はフジの月9「監察医 朝顔」とかぶっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る