桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

目をそむけたくなる 暴行&撲殺がエグ過ぎる韓ドラリメーク

公開日: 更新日:

 タイミングが悪過ぎる――。日韓関係が最悪な時期に夏ドラマのうち韓国ドラマのリメークが3本もあるのだから。大森南朋主演の「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)、唐沢寿明と真木よう子の「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)、三浦春馬主演の「TWO WEEKS」(カンテレ、フジテレビ系)だ。

 それぞれ、韓国では大ヒットしたドラマ。ヘイトするつもりは毛頭ないことは先に断っておく。

■なぜ類似品を…

「サイン」は監察医が主役、「ボイス」は妻を殺された敏腕刑事と父を殺された声紋分析官、「TWO WEEKS」は殺人容疑の濡れ衣を着せられた男の逃亡劇。わざわざ韓国のドラマをマネしなくても、と思ってしまうわけで。しかも監察医はフジの月9「監察医 朝顔」とかぶっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る