韓国リメークドラマ “テッパン”医療&刑事でも総崩れのワケ

公開日: 更新日:

 ほぼ出揃った夏ドラマ。今クールの特徴は、オリジナル脚本の作品が少ないこと。特に韓国ドラマのリメーク作品が3本も放送されているが、視聴率はサッパリだ。

 大森南朋(47)主演の「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系木曜夜9時)は初回こそ平均視聴率が14.3%と暫定トップだったものの、第2回は9.5%と4.8ポイントの大幅ダウン。

 唐沢寿明(56=同中)主演の「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系土曜夜10時)は初回12.6%の好スタートも、第2回は8.4%で4.2ポイント減。

 三浦春馬(29=同下)主演の「TWO WEEKS」(フジテレビ系火曜夜9時)に至っては、初回が8.4%で2回目が5.9%と、一度も2ケタに達していない。

「ドラマのテッパンと言えば、中高年ウケする1話完結の医療、刑事ものです。『サイン』は医療、『ボイス』は刑事ものですが、1話完結ではない。『TWO――』のような逃亡劇ドラマは視聴率を稼ぎにくい傾向があります。また、韓国では週2回の放送が普通で、全20回や16回など日本より長いのが特徴。少ない回数でリメークすると編成上の無理が生じ、クオリティーが低くなりがちです」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る