韓国リメークドラマ “テッパン”医療&刑事でも総崩れのワケ

公開日: 更新日:

 ほぼ出揃った夏ドラマ。今クールの特徴は、オリジナル脚本の作品が少ないこと。特に韓国ドラマのリメーク作品が3本も放送されているが、視聴率はサッパリだ。

 大森南朋(47)主演の「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系木曜夜9時)は初回こそ平均視聴率が14.3%と暫定トップだったものの、第2回は9.5%と4.8ポイントの大幅ダウン。

 唐沢寿明(56=同中)主演の「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系土曜夜10時)は初回12.6%の好スタートも、第2回は8.4%で4.2ポイント減。

 三浦春馬(29=同下)主演の「TWO WEEKS」(フジテレビ系火曜夜9時)に至っては、初回が8.4%で2回目が5.9%と、一度も2ケタに達していない。

「ドラマのテッパンと言えば、中高年ウケする1話完結の医療、刑事ものです。『サイン』は医療、『ボイス』は刑事ものですが、1話完結ではない。『TWO――』のような逃亡劇ドラマは視聴率を稼ぎにくい傾向があります。また、韓国では週2回の放送が普通で、全20回や16回など日本より長いのが特徴。少ない回数でリメークすると編成上の無理が生じ、クオリティーが低くなりがちです」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る