桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

公開日: 更新日:

「闇営業」で雨上がりの宮迫、ロンブー亮ら芸人が当面の間、謹慎するとのこと。収録済みの番組はテロップ対応や全面カットの画面処理で、いないことにしたりとテレビ局も対応に大わらわだ。

 先月27日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)などどんなふうにカットされるのか、逆に興味津々で見た視聴者が多かったのか、視聴率は8.4%と前週の7.6%からアップした。皮肉なもので宮迫は見事に消されており、テレビ技術の進歩がうかがえた……。

 それはさておき、たとえ謹慎が明けたとしても今回のメンバーに対する世間の目は相当厳しいものになる。たとえば次長課長の河本準一に対する風当たりがいまだに強いように……。となればテレビ局としてはオフホワイトやグレーな芸人を使うのはもうこりごりなので他の清廉潔白な芸人たちにしてみれば、格好のチャンスになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る