碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

配役が光る「Iターン」“深夜ドラマのテレ東”は今期も健在

公開日: 更新日:

 人生、一寸先は闇。何が起こるか、わからない。でも、自分以外に起きた不幸は笑って楽しめるのが人間だ。今期のドラマ24「Iターン」は、まさにそんな一本である。

 主人公は広告会社に勤務する狛江光雄(ムロツヨシ)。上司である高峰部長(相島一之)に嫌われて、突然遠方の支店に左遷されてしまう。行った先は商店街のシャッターとヤクザとヤンキーが目立つ阿修羅市だ。

 支店には覇気のない営業マン・柳(渡辺大知)と、事務の美月(鈴木愛理)しかいない。何とか売り上げを伸ばそうとするが、ヤクザの竜崎組長(田中圭)が経営するサラ金のチラシ広告でミスを犯してしまう。狛江は竜崎に金で縛られる一方、対立する岩切組長(古田新太)の舎弟になるという末期的状況に……。

 ムロツヨシの「情けないほど小心者のサラリーマン」。古田新太の「小さな組を率いて任侠道に生きる組長」。田中圭の「冷徹非情で野心満々のインテリヤクザ」。そして、黒木瞳の「タロット占いが特技のスナックママ」。いやはや、いずれもこれ以上ないというハマり役で、このドラマに「キャスティング大賞」を贈りたいほどだ。

 加えて各回のゲストも楽しい。たとえば、接待されるのが大好きなデパートの部長にTKOの木下隆行。あまりに似合い過ぎて笑ってしまう。「深夜ドラマのテレ東」の異名は今期も健在だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る