碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

TBS「凪のお暇」原作超えたドラマ独自のきめ細かい世界観

公開日: 更新日:

 最近は漫画を原作にしたドラマが多い。今期もまた複数が並ぶが、その中で黒木華主演「凪のお暇」(TBS系)が出色の出来となっている。

 主人公の大島凪(黒木)は28歳の無職。彼女が会社を辞めたのには理由がある。ひとつは周囲に自分を合わせる、つまり「空気を読む」ことに疲れたのだ。会社の同僚、上司、さらに同じ会社の営業マンでカレシの我聞慎二(高橋一生)に対しても、ひたすら空気を読みながら接してきた。

 次に、我聞が凪のことをカラダだけの関係とか、ケチくさい女だとか、会社の後輩たちに笑いながら話しているのを立ち聞きしてしまったことだ。結局、凪は会社を辞め、我聞との連絡も絶つ。

 郊外のアパートに引っ越した凪には、仕事も恋人も貯金もないが、自由と時間だけはある。それに環境が変われば新たな出会いもあって、隣の部屋に住むゴン(中村倫也)という男と急接近。やや正体不明だが、我聞のように凪の内面に土足で踏み込んだりしない。一緒にいると心が軽くなるのだ。とはいえ、我聞の凪に対する「本音」も明らかになってきて、この奇妙な三角関係の行方が大いに気になる。

 黒木は、自意識過剰で自己抑圧的という、自分でもメンドーだなと感じる「28歳、無職」の女性心理を、きめ細かく表現して秀逸。そこには原作漫画を超えた、ドラマ独自の世界観がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る