碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

TBS「凪のお暇」原作超えたドラマ独自のきめ細かい世界観

公開日: 更新日:

 最近は漫画を原作にしたドラマが多い。今期もまた複数が並ぶが、その中で黒木華主演「凪のお暇」(TBS系)が出色の出来となっている。

 主人公の大島凪(黒木)は28歳の無職。彼女が会社を辞めたのには理由がある。ひとつは周囲に自分を合わせる、つまり「空気を読む」ことに疲れたのだ。会社の同僚、上司、さらに同じ会社の営業マンでカレシの我聞慎二(高橋一生)に対しても、ひたすら空気を読みながら接してきた。

 次に、我聞が凪のことをカラダだけの関係とか、ケチくさい女だとか、会社の後輩たちに笑いながら話しているのを立ち聞きしてしまったことだ。結局、凪は会社を辞め、我聞との連絡も絶つ。

 郊外のアパートに引っ越した凪には、仕事も恋人も貯金もないが、自由と時間だけはある。それに環境が変われば新たな出会いもあって、隣の部屋に住むゴン(中村倫也)という男と急接近。やや正体不明だが、我聞のように凪の内面に土足で踏み込んだりしない。一緒にいると心が軽くなるのだ。とはいえ、我聞の凪に対する「本音」も明らかになってきて、この奇妙な三角関係の行方が大いに気になる。

 黒木は、自意識過剰で自己抑圧的という、自分でもメンドーだなと感じる「28歳、無職」の女性心理を、きめ細かく表現して秀逸。そこには原作漫画を超えた、ドラマ独自の世界観がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る