碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

日テレ「あなたの番です」田中圭の復讐がどう果たされるか

公開日: 更新日:

 いや、驚いた。ヒロインだったはずの登場人物が物語半ばで死んでしまうとは! 第2章「反撃編」に突入した、「あなたの番です」。その第1章の終わりで、原田知世が演じる手塚菜奈が殺されたのだ。

 菜奈が夫の翔太(田中圭)と共に入居したマンションで、住民たちが次々と命を落としてきた。発端は住民集会の座興だ。「殺したい人」の名前を紙に書き、それをランダムに配布する交換殺人ゲームだった。ところが、何者かによって殺人が実行されていく。

 SNSで「誰々が怪しい」「こいつも変だ」と推理合戦が盛り上がっているのは、制作側にとって「してやったり!」だろう。このドラマ枠では、前作「3年A組」もネットの反響をバックにブレークしていった。しかも今回の放送は2クール。途中で視聴者が簡単に犯人を特定できるようでは失敗作だ。それでいて、フェアなミステリーであるためには、真相につながる材料も提供しなくてはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る