二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

出版、映画、ご意見番…松本が辿るビートたけしが作った道

公開日: 更新日:

 迷走する吉本興業の内乱――。さまざまな問題が露呈しているが、まずは会社の根幹である社内の立て直しが急務。今回、明らかになった大崎洋会長、岡本昭彦社長らに付くダウンタウン松本人志を頂点とする主流派と、幹部批判した極楽とんぼ・加藤浩次ら外様の非主流派の対立構図。松本は「加藤とのVSはない」とテレビで発言しているが、2人の吉本に対するスタンスの取り方は根本的に違う。すんなり収まるとは思えない。松本は「会社は改善して、膿は全部出して~。そこを明確にしないんやったら、僕が全員芸人を連れて出ますわ」とテレビで言い切った。以前には運命共同体の大崎氏が「辞めるんやったら一緒に辞める」という発言と矛盾してくる。

 一方、加藤は「現幹部が退陣しなければ出る」と公言。果たして、松本が大崎氏らを見捨てて芸人と出られるだろうか? こんな読み方もある。

「世間の風向きは吉本の体制批判が強い。松本は幹部を批判しながら現体制を維持させたまま、加藤らも残留させて丸く収めたい」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る