「今の若手はしくじりもしねえ。芸人の匂いがねえんだ」

公開日: 更新日:

 元落語協会会長、現協会最高顧問。これが鈴々舎馬風の肩書である。今年の12月に傘寿(80歳)を迎えるが、今でも寄席の客席を沸かせる爆笑の漫談を演じている。

 今回は師匠の先代柳家小さん、兄弟子の立川談志、同期の親友、古今亭志ん朝らの思い出などを含め、大いに語ってもらった。

「俺たちの世代は昭和の名人の落語を聞き過ぎたね。志ん生、文楽、円生、小さん、そういった師匠連の高座を聞いてるから、この噺はあの師匠の十八番だからやっちゃいけない、この噺は若手にはとてもできねえと思ったもんだ。ところが、近ごろの若手は名人の得意ネタ、大ネタを平気でやって客を疲れさせるんだ。だから俺なんかは、疲れさせないことを心掛けてるね」

 漫談で爆笑させるのはそういう理由があったのだ。確かに馬風の高座は楽しく、客を疲れさせない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る