「今の若手はしくじりもしねえ。芸人の匂いがねえんだ」

公開日: 更新日:

 元落語協会会長、現協会最高顧問。これが鈴々舎馬風の肩書である。今年の12月に傘寿(80歳)を迎えるが、今でも寄席の客席を沸かせる爆笑の漫談を演じている。

 今回は師匠の先代柳家小さん、兄弟子の立川談志、同期の親友、古今亭志ん朝らの思い出などを含め、大いに語ってもらった。

「俺たちの世代は昭和の名人の落語を聞き過ぎたね。志ん生、文楽、円生、小さん、そういった師匠連の高座を聞いてるから、この噺はあの師匠の十八番だからやっちゃいけない、この噺は若手にはとてもできねえと思ったもんだ。ところが、近ごろの若手は名人の得意ネタ、大ネタを平気でやって客を疲れさせるんだ。だから俺なんかは、疲れさせないことを心掛けてるね」

 漫談で爆笑させるのはそういう理由があったのだ。確かに馬風の高座は楽しく、客を疲れさせない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る