<1>ダウンタウンの番組に出るなんて前は考えられなかった

公開日:

 立川談志が亡くなって6年、11月21日の命日が七回忌である。一門の中で談志のDNAを最も濃く受け継いだのは立川志らくと言われる。以前から落語の評価は高かったが、近年は昼のワイドショー「ひるおび!」(TBS系)のレギュラーコメンテーターになったり、バラエティー番組にも出演するなど、すっかりテレビの売れっ子になった。その志らくにたっぷり語ってもらおう。

 まずはコメンテーター業について聞いた。

「やってよかったと思ってます。何がプラスかというと、当たり前のことですが、毎日テレビに出ることによって落語ファン以外での知名度が高まった。中年女性から一緒に写真を撮ってくれと頼まれたり、地方の落語会が大入り満員になったり。それに、落語以外の仕事が増えました。ダウンタウンの番組に出るなんて前は考えられなかったですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る