<1>ダウンタウンの番組に出るなんて前は考えられなかった

公開日:

 立川談志が亡くなって6年、11月21日の命日が七回忌である。一門の中で談志のDNAを最も濃く受け継いだのは立川志らくと言われる。以前から落語の評価は高かったが、近年は昼のワイドショー「ひるおび!」(TBS系)のレギュラーコメンテーターになったり、バラエティー番組にも出演するなど、すっかりテレビの売れっ子になった。その志らくにたっぷり語ってもらおう。

 まずはコメンテーター業について聞いた。

「やってよかったと思ってます。何がプラスかというと、当たり前のことですが、毎日テレビに出ることによって落語ファン以外での知名度が高まった。中年女性から一緒に写真を撮ってくれと頼まれたり、地方の落語会が大入り満員になったり。それに、落語以外の仕事が増えました。ダウンタウンの番組に出るなんて前は考えられなかったですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る