<1>ダウンタウンの番組に出るなんて前は考えられなかった

公開日: 更新日:

 立川談志が亡くなって6年、11月21日の命日が七回忌である。一門の中で談志のDNAを最も濃く受け継いだのは立川志らくと言われる。以前から落語の評価は高かったが、近年は昼のワイドショー「ひるおび!」(TBS系)のレギュラーコメンテーターになったり、バラエティー番組にも出演するなど、すっかりテレビの売れっ子になった。その志らくにたっぷり語ってもらおう。

 まずはコメンテーター業について聞いた。

「やってよかったと思ってます。何がプラスかというと、当たり前のことですが、毎日テレビに出ることによって落語ファン以外での知名度が高まった。中年女性から一緒に写真を撮ってくれと頼まれたり、地方の落語会が大入り満員になったり。それに、落語以外の仕事が増えました。ダウンタウンの番組に出るなんて前は考えられなかったですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る