<1>ダウンタウンの番組に出るなんて前は考えられなかった

公開日: 更新日:

 立川談志が亡くなって6年、11月21日の命日が七回忌である。一門の中で談志のDNAを最も濃く受け継いだのは立川志らくと言われる。以前から落語の評価は高かったが、近年は昼のワイドショー「ひるおび!」(TBS系)のレギュラーコメンテーターになったり、バラエティー番組にも出演するなど、すっかりテレビの売れっ子になった。その志らくにたっぷり語ってもらおう。

 まずはコメンテーター業について聞いた。

「やってよかったと思ってます。何がプラスかというと、当たり前のことですが、毎日テレビに出ることによって落語ファン以外での知名度が高まった。中年女性から一緒に写真を撮ってくれと頼まれたり、地方の落語会が大入り満員になったり。それに、落語以外の仕事が増えました。ダウンタウンの番組に出るなんて前は考えられなかったですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る