やはり指摘されてしまった真木よう子「ボイス」の滑舌問題

公開日: 更新日:

 真木よう子(36)の「滑舌問題」がやはり指摘された。ニュースサイト「アサ芸プラス」が7月30日に公開した記事で、真木が出演中の連続ドラマ「110 ボイス緊急司令室」(日本テレビ系)で、セリフが「聞き取りにくい」という指摘がネット上で相次いでいると報じたからだ。

 ドラマで真木が演じるのは、神奈川県警の緊急司令室に勤務する「ボイスプロファイラー」という役どころ。110番通報をしてきた犯罪被害者の声に耳を澄まし、現場の警察官に適切な指示を出して救出に当たる。

 その真木とダブル主演を張るのが唐沢寿明(56)だ。妻を殺された凄腕刑事役で、その妻が助けを求める最後の緊急電話を受けたのが真木が演じる女性警察官だった。そんな2人が協力しながら犯人を追い詰めていく。

「現場に急行する唐沢に向かって、緊急司令室の真木がインカムを使って重要な指令を早口で伝えるシーンが多いのですが、正直、滑舌が悪くてよく聞き取れない。特に長いセリフのでは、真木が注意しながら慎重に話している雰囲気が伝わるのですが、最後の方になると、字幕でも付けなければ意味が分からなくなる時がある。唐沢が真木の指令に顔をしかめる場面が出てくると、『声が聞きづらいの?』とツッコミを入れたくなります。真木も恐らく自分の滑舌の悪さは自覚しているのでしょう。キチンと発声しようとする姿勢が伝わるだけに、かえって痛々しい印象を受けてしまいます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日