やはり指摘されてしまった真木よう子「ボイス」の滑舌問題

公開日: 更新日:

 真木よう子(36)の「滑舌問題」がやはり指摘された。ニュースサイト「アサ芸プラス」が7月30日に公開した記事で、真木が出演中の連続ドラマ「110 ボイス緊急司令室」(日本テレビ系)で、セリフが「聞き取りにくい」という指摘がネット上で相次いでいると報じたからだ。

 ドラマで真木が演じるのは、神奈川県警の緊急司令室に勤務する「ボイスプロファイラー」という役どころ。110番通報をしてきた犯罪被害者の声に耳を澄まし、現場の警察官に適切な指示を出して救出に当たる。

 その真木とダブル主演を張るのが唐沢寿明(56)だ。妻を殺された凄腕刑事役で、その妻が助けを求める最後の緊急電話を受けたのが真木が演じる女性警察官だった。そんな2人が協力しながら犯人を追い詰めていく。

「現場に急行する唐沢に向かって、緊急司令室の真木がインカムを使って重要な指令を早口で伝えるシーンが多いのですが、正直、滑舌が悪くてよく聞き取れない。特に長いセリフのでは、真木が注意しながら慎重に話している雰囲気が伝わるのですが、最後の方になると、字幕でも付けなければ意味が分からなくなる時がある。唐沢が真木の指令に顔をしかめる場面が出てくると、『声が聞きづらいの?』とツッコミを入れたくなります。真木も恐らく自分の滑舌の悪さは自覚しているのでしょう。キチンと発声しようとする姿勢が伝わるだけに、かえって痛々しい印象を受けてしまいます」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る