常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

公開日: 更新日:

 ドラマ「グッドワイフ」(TBS系)で久々に民放連ドラに復帰した常盤貴子(46)が話題になっている。

 同作は初回視聴率10%、第2話が11.5%、第3話が9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と堅調。ドラマでは汚職逮捕と不倫スキャンダルで失職した夫に代わって、専業主婦から職場復帰した弁護士を好演。常盤といえば、豊川悦司と共演した「愛していると言ってくれ」(95年)、木村拓哉と共演した「ビューティフルライフ」(00年)などTBS連ドラの看板だったが、その後は活躍の場を映画や舞台にシフト。19年ぶりのTBSドラマだという。またプライベートでは09年に演出家で俳優の長塚圭史(43)と結婚。しかしながら12年には長塚が女優の真木よう子(36)との熱愛をフライデーされるなどドラマの設定を“地”で行っている。コラムニストの桧山珠美氏がこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る