プロフィル「趣味・喧嘩」記載で格闘技のリングアナに抜擢

公開日: 更新日:

 当時も今もそうだが、二つ目の落語家はそんなに仕事があるわけでない。柳家かゑる(馬風の当時の芸名)も例外ではなかった。対照的に、同期の朝太は入門後たった5年で真打ち昇進。古今亭志ん朝を襲名し売れまくっている。

「こっちがまだ二つ目のペーペーなのに、志ん朝はNHKのドラマ『若い季節』のレギュラーに抜擢されるわ、バラエティー番組にも出るわで、落語界の寵児といわれた。24、25歳でアルファロメオとかいうオープンカーの外車を乗り回してるんだから、こっちはひがむどころじゃねえ。ただ、あいつが偉いのは、売れてるからって仲間を見下したりしないこと。それによくごちそうしてくれた。いいやつだったよ」

 暇なかゑるに思いがけない仕事が舞い込んだ。キックボクシングのリングアナウンサーの仕事である。

「当時テレビ朝日(NET)のアナウンサーで、末広亭からの寄席中継の司会者だった馬場雅夫さんが、キックボクシングのプロモートをしてた野口ジムの野口修会長と親しかったんだ。それで馬場さんがリングアナをやってた。ところが、TBSで中継をすることになった。テレ朝の社員が他局に出るわけにいかねえや。代わりを探そうと、馬場さんが演芸番組に出る若手落語家のプロフィルを見てたら、俺のとこに『趣味・喧嘩』って書いてある。こいつは顔がでかいし、声も大きい。格闘技のリングアナにピッタリだてんで、白羽の矢が立ったわけよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  6. 6

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  7. 7

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る