プロフィル「趣味・喧嘩」記載で格闘技のリングアナに抜擢

公開日: 更新日:

 当時も今もそうだが、二つ目の落語家はそんなに仕事があるわけでない。柳家かゑる(馬風の当時の芸名)も例外ではなかった。対照的に、同期の朝太は入門後たった5年で真打ち昇進。古今亭志ん朝を襲名し売れまくっている。

「こっちがまだ二つ目のペーペーなのに、志ん朝はNHKのドラマ『若い季節』のレギュラーに抜擢されるわ、バラエティー番組にも出るわで、落語界の寵児といわれた。24、25歳でアルファロメオとかいうオープンカーの外車を乗り回してるんだから、こっちはひがむどころじゃねえ。ただ、あいつが偉いのは、売れてるからって仲間を見下したりしないこと。それによくごちそうしてくれた。いいやつだったよ」

 暇なかゑるに思いがけない仕事が舞い込んだ。キックボクシングのリングアナウンサーの仕事である。

「当時テレビ朝日(NET)のアナウンサーで、末広亭からの寄席中継の司会者だった馬場雅夫さんが、キックボクシングのプロモートをしてた野口ジムの野口修会長と親しかったんだ。それで馬場さんがリングアナをやってた。ところが、TBSで中継をすることになった。テレ朝の社員が他局に出るわけにいかねえや。代わりを探そうと、馬場さんが演芸番組に出る若手落語家のプロフィルを見てたら、俺のとこに『趣味・喧嘩』って書いてある。こいつは顔がでかいし、声も大きい。格闘技のリングアナにピッタリだてんで、白羽の矢が立ったわけよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  6. 6

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  7. 7

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る