かゑるのまま真打ちに「馬風」襲名のきっかけは息子の一言

公開日: 更新日:

 キックボクシングのリングアナをやったことで、柳家かゑるの顔と名前が売れてきた。

「落語家としての仕事も増えてね。談志兄貴(写真)が、『あんちゃん(落語家が後輩を呼ぶ時に使う業界用語)、世に出られるぞ。俺が引っ張るから』って、司会をやってた『笑点』に出してくれたり、キャバレーの余興の仕事をくれたり、よく面倒見てもらった。あの頃は本当にいい人だったのになあ」

 後年、馬風と談志が絶交する事件が起こるのだが、それは後述するとして、話を二つ目時代に戻そう。

 入門して16年たった1973年、かゑるの真打ち昇進が決まった。

「その当時、二つ目の数が飽和状態で、まとめて真打ちにするしかなかった。だから俺は10人一緒の昇進なんだ。昔のことなんで覚えてる人は少ないけどな」

 昇進が決まった際、小さんに呼ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る