かゑるのまま真打ちに「馬風」襲名のきっかけは息子の一言

公開日: 更新日:

 キックボクシングのリングアナをやったことで、柳家かゑるの顔と名前が売れてきた。

「落語家としての仕事も増えてね。談志兄貴(写真)が、『あんちゃん(落語家が後輩を呼ぶ時に使う業界用語)、世に出られるぞ。俺が引っ張るから』って、司会をやってた『笑点』に出してくれたり、キャバレーの余興の仕事をくれたり、よく面倒見てもらった。あの頃は本当にいい人だったのになあ」

 後年、馬風と談志が絶交する事件が起こるのだが、それは後述するとして、話を二つ目時代に戻そう。

 入門して16年たった1973年、かゑるの真打ち昇進が決まった。

「その当時、二つ目の数が飽和状態で、まとめて真打ちにするしかなかった。だから俺は10人一緒の昇進なんだ。昔のことなんで覚えてる人は少ないけどな」

 昇進が決まった際、小さんに呼ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る