「ラジオから流れる落語を聞きながらだから気が散って…」

公開日: 更新日:

 馬風は1939年生まれ、生家は千葉県野田市の床屋である。中学生時代から落語が好きで、NHKラジオの演芸番組を夢中で聞いていた。落語家になりたいと思うのは必然である。

「親父に言ったら大反対された。『落語家と相撲取りは修業が大変だ。おまえなんかにつとまるわけがねえ。床屋になれば食いっぱぐれがねえぞ』ってね。それで理容学校に入れられたが、こっちはやる気がないから覚えが悪い。公園にいるホームレスに頼んで、ひげを当たらせてもらう実習があった。連中は長いこと剃ってないからゴワゴワのひげで、蒸しタオルで蒸してもダメだ。シャボンをつけてカミソリ当てたらびくともしねえ。『坊や、カミソリ貸しな』と自分で剃ったのを見て、俺は向いてないと悟ったね。その後インターンとして預けられたのが東陽町の叔父貴の床屋で、一見の客のひげ剃りが役割だ。ラジオから流れる落語を聞きながらやってるから気が散ってる。はずみで客の眉毛片っぽ落としちゃった。人のいい客で黙って帰ったから大事に至らなかったけど、これであきらめがついたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る