「ラジオから流れる落語を聞きながらだから気が散って…」

公開日: 更新日:

 馬風は1939年生まれ、生家は千葉県野田市の床屋である。中学生時代から落語が好きで、NHKラジオの演芸番組を夢中で聞いていた。落語家になりたいと思うのは必然である。

「親父に言ったら大反対された。『落語家と相撲取りは修業が大変だ。おまえなんかにつとまるわけがねえ。床屋になれば食いっぱぐれがねえぞ』ってね。それで理容学校に入れられたが、こっちはやる気がないから覚えが悪い。公園にいるホームレスに頼んで、ひげを当たらせてもらう実習があった。連中は長いこと剃ってないからゴワゴワのひげで、蒸しタオルで蒸してもダメだ。シャボンをつけてカミソリ当てたらびくともしねえ。『坊や、カミソリ貸しな』と自分で剃ったのを見て、俺は向いてないと悟ったね。その後インターンとして預けられたのが東陽町の叔父貴の床屋で、一見の客のひげ剃りが役割だ。ラジオから流れる落語を聞きながらやってるから気が散ってる。はずみで客の眉毛片っぽ落としちゃった。人のいい客で黙って帰ったから大事に至らなかったけど、これであきらめがついたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る