赤坂歩けなくしてやる…DaiGoが暴露したTBS“脅迫P”の悪評

公開日: 更新日:

 同番組内で生い立ちやYouTubeなどの動画配信が人気であることに触れ、その流れの中で、「テレビは卒業しました」と発言。その理由として、「テレビの人の中には、上から目線の人もいたり、脅してきたりすることもある」と説明。自身が出演した番組の編集の仕方を巡り、自身のメディアで本当に伝えたかったことを話したところ、テレビ朝日から「出禁」とされたことや、TBSのプロデューサーに「おまえ、赤坂歩けなくしてやるぞ」と言われたことなどを明かした。梶原は「これもうYahoo!トップ確定だよ!」などと困惑しながら盛り上がったが、「オールスター感謝祭」でSプロデューサーに向けた「赤坂、歩いてますよ」の発言はそのアンサーだったというわけだ。SNS上では「伏線回収だ」「DaiGoすごい」などと騒がれている。

 目下、ヤラセ問題で番組が休止となっている「クレイジージャーニー」のプロデューサーで、DaiGoに「赤坂歩けなくしてやるぞ」と言ったとされるTBSのSプロデューサーとはどんな人物なのか。さるテレビ局関係者が話す。

「ADへの暴行事件で処分を受けた『クレイジージャーニー』の演出の責任者とつるんでいて、今どきのプロデューサーには珍しく体育会系です。しかし大きな事務所や力のあるタレントなど上にはへコへコするのに、若手芸人やスタッフなど、下には威張り散らすので評判は悪かった。DaiGoはタレントとしては駆け出しの頃もあったので、その頃の発言かも知れません」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路