櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

公開日: 更新日:

 今年の「NHK紅白歌合戦」(12月31日午後7時15分~)の司会者が発表され、NHK関係者は、「白組の櫻井翔は安定感、紅組の綾瀬はるかは好感度、総合司会の内村光良は盛り上げ役」と、起用の理由を解説する。令和の最初だから手堅くということなのだろうが、櫻井の白組司会は、実は半年以上前から決まっていたのではないのか。というのは、嵐メンバーの司会は今年が最後になるからだ。

「嵐は来年12月31日で活動を休止しますから、最後のステージとなる2020年の紅白は嵐スペシャルが企画されるでしょう。とても司会はできません。また、活動休止後、“単品”となった嵐メンバーが今のような人気を維持できるかといったら、なかなか難しい。司会で起用するなら、今年というわけです」(テレビ雑誌編集デスク)

 櫻井は去年の平成最後に続いての司会で、「時代の大きな節目に、2年連続で大役を仰せつかり、身の引き締まる思いです」と語っているが、改元直前の今年4月29日に放送された「総決算!平成紅白歌合戦」でも司会を務めている。そのときから、時代またぎで大晦日の紅白とセットで考えられていたはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

もっと見る