櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

公開日: 更新日:

 今年の「NHK紅白歌合戦」(12月31日午後7時15分~)の司会者が発表され、NHK関係者は、「白組の櫻井翔は安定感、紅組の綾瀬はるかは好感度、総合司会の内村光良は盛り上げ役」と、起用の理由を解説する。令和の最初だから手堅くということなのだろうが、櫻井の白組司会は、実は半年以上前から決まっていたのではないのか。というのは、嵐メンバーの司会は今年が最後になるからだ。

「嵐は来年12月31日で活動を休止しますから、最後のステージとなる2020年の紅白は嵐スペシャルが企画されるでしょう。とても司会はできません。また、活動休止後、“単品”となった嵐メンバーが今のような人気を維持できるかといったら、なかなか難しい。司会で起用するなら、今年というわけです」(テレビ雑誌編集デスク)

 櫻井は去年の平成最後に続いての司会で、「時代の大きな節目に、2年連続で大役を仰せつかり、身の引き締まる思いです」と語っているが、改元直前の今年4月29日に放送された「総決算!平成紅白歌合戦」でも司会を務めている。そのときから、時代またぎで大晦日の紅白とセットで考えられていたはずである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る