城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

泥仕合の離婚裁判 川崎麻世に必要なのは「気楽さor我慢」

公開日: 更新日:

 川崎麻世(56)とカイヤ(57)の離婚裁判が東京家裁で開かれた。麻世とカイヤ両人が証言台に立ち、それぞれが主張を展開した。

 驚くことに、お互いに「私がDVを受けた」と言い、さらには双方が「車ではねられそうになった」とか、「多額の金を入れた」「いや、もらっていない」と、まったく反対の主張を展開して“泥仕合”の様相だ。

 普通は、話し合いでの離婚(協議離婚)、あるいは調停や裁判になっても、途中で和解・認諾(離婚)となることが多く、裁判官による判決まで行くのは、少ないケースということになる。ただ、今回はこれで結審したので、次回(来年2月)に判決を言い渡されることになり、一応、騒動が決着することになる。

 そもそも麻世が離婚を求める裁判を起こし、昨年末に判決が出るところだったが、カイヤが弁護士を変更したことで争点が変わり、カイヤも離婚を求めて反訴した形となり、同時に2000万円の慰謝料を求める流れになっている。同じ離婚裁判なので包括して扱われ、判決も同時に出されるので、2月に裁判官が「甲と乙は離婚する」と言い渡すことは必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る