城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

泥仕合の離婚裁判 川崎麻世に必要なのは「気楽さor我慢」

公開日: 更新日:

 川崎麻世(56)とカイヤ(57)の離婚裁判が東京家裁で開かれた。麻世とカイヤ両人が証言台に立ち、それぞれが主張を展開した。

 驚くことに、お互いに「私がDVを受けた」と言い、さらには双方が「車ではねられそうになった」とか、「多額の金を入れた」「いや、もらっていない」と、まったく反対の主張を展開して“泥仕合”の様相だ。

 普通は、話し合いでの離婚(協議離婚)、あるいは調停や裁判になっても、途中で和解・認諾(離婚)となることが多く、裁判官による判決まで行くのは、少ないケースということになる。ただ、今回はこれで結審したので、次回(来年2月)に判決を言い渡されることになり、一応、騒動が決着することになる。

 そもそも麻世が離婚を求める裁判を起こし、昨年末に判決が出るところだったが、カイヤが弁護士を変更したことで争点が変わり、カイヤも離婚を求めて反訴した形となり、同時に2000万円の慰謝料を求める流れになっている。同じ離婚裁判なので包括して扱われ、判決も同時に出されるので、2月に裁判官が「甲と乙は離婚する」と言い渡すことは必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る