舞台でセリフに詰まると二郎は歌い、欽坊は走った浅草時代

公開日: 更新日:

萩本欽一<後編>

 あまり芸が達者じゃなかった萩本欽一とは対照的に、相方の坂上二郎は多才だった。2人は東洋劇場で笑いを学んだのち、1966年にお笑いコンビ「コント55号」を組んだ。

「二郎は子供の頃から歌がうまかったし、地元の鹿児島にいたころに『NHKのど自慢コンクール』で優勝しているんですよ。上京して歌手を目指したが挫折して、お笑いの世界に入った。そんな、まだ見習いの立場の2人がうちの舞台でコンビを組むことがあったんだけど、二郎はセリフに詰まると突然、大きな声で歌いだすんだよ。するとお客さんも『うまいなー』って感心しちゃって、ミスが許される雰囲気があった。それで舞台が成立していたんだよ。一方、手持ちぶさたの欽坊は、舞台の端から端にタタッて走り抜ける。そんなコンビネーションで切り抜けていたんだよ」

 コンビ結成当初、「浅草に面白いコメディアンがいる」と聞き付けたテレビ業界からスカウトが来た。このとき萩本はピンで出演したが、緊張に押し潰されてNGを連発、限界を感じて浅草に出戻っていたという。

 後年、「視聴率100%男」の異名を持つようになるとは、誰にも想像できなかっただろう。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで