舞台でセリフに詰まると二郎は歌い、欽坊は走った浅草時代

公開日: 更新日:

萩本欽一<後編>

 あまり芸が達者じゃなかった萩本欽一とは対照的に、相方の坂上二郎は多才だった。2人は東洋劇場で笑いを学んだのち、1966年にお笑いコンビ「コント55号」を組んだ。

「二郎は子供の頃から歌がうまかったし、地元の鹿児島にいたころに『NHKのど自慢コンクール』で優勝しているんですよ。上京して歌手を目指したが挫折して、お笑いの世界に入った。そんな、まだ見習いの立場の2人がうちの舞台でコンビを組むことがあったんだけど、二郎はセリフに詰まると突然、大きな声で歌いだすんだよ。するとお客さんも『うまいなー』って感心しちゃって、ミスが許される雰囲気があった。それで舞台が成立していたんだよ。一方、手持ちぶさたの欽坊は、舞台の端から端にタタッて走り抜ける。そんなコンビネーションで切り抜けていたんだよ」

 コンビ結成当初、「浅草に面白いコメディアンがいる」と聞き付けたテレビ業界からスカウトが来た。このとき萩本はピンで出演したが、緊張に押し潰されてNGを連発、限界を感じて浅草に出戻っていたという。

 後年、「視聴率100%男」の異名を持つようになるとは、誰にも想像できなかっただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか