萩本の両親から「せがれを使ってやってもらえないか」と…

公開日: 更新日:

萩本欽一<前編>

 フランス座の軟式野球チームには、のちにコメディアンとして大成する“欽ちゃん”こと萩本欽一も所属していた。フランス座を経営する東洋興業のもう一つの劇場「東洋劇場」でゼロから笑いを学んだ、生粋の“浅草芸人”だ。

 もともとは萩本の両親が駒込でやっていた写真館がつぶれて、家族で松倉さんの父が経営するアパートに越してきたのが芸人になる転機となった。当時は、劇場のほかに「第一松倉荘」「第二松倉荘」というアパートを所有していた。フランス座と東洋劇場の芸人、裏方、踊り子が寮として使っていたが、関係ない人たちも住んでいた。欽ちゃん一家はこの第一松倉荘に引っ越してきた。

「入ってしばらくしてから欽坊の父親が、自分たちの大家はフランス座なんだって知ったんだ。私の父・宇七のところに欽坊を連れて、菓子折りを持ってやってきた。『実はうちのせがれがコメディアンやりたいって言っていて、使ってやってもらえないでしょうか』とね。それで、通っていた駒込高校を卒業後に見習いから、ということになったんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る