FNS27時間テレビ大惨敗 歴代ワースト視聴率に日テレ高笑い

公開日: 更新日:

 完全に時代に取り残されてしまったか。

 3連休中の2~3日にかけて放送された「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)の平均視聴率が、昨年の7・3%を1・5ポイント下回り、同番組歴代ワーストの5・8%だったことが分かった(関東地区・ビデオリサーチ調べ=以下同)。87年に「FNSスーパースペシャル 一億人のテレビ夢列島」としてスタートした同番組は今年で33回目。例年夏に放送されていたが、今年は初めて11月に放送。3年連続でビートたけし(72)と「関ジャニ∞」の村上信五(37)を総合司会に据え、「にほんのスポーツは強いっ!」と銘打ち、スポーツをテーマに挑んだ。しかし視聴率は大惨敗。放送ジャーナリストの小田桐誠氏はこう語る。

「毎年、テーマを変えて放送しているようですが、企画の目新しさもないし、どこかスタート当初の単にテレビでバカ騒ぎをしていたバブルの頃のノリが残っています。制作費の関係もあるでしょうが、生でやる意義も感じられません。いろいろ思うところはありますが、ライバルの日テレの『24時間テレビ』は、一応はチャリティーという大義名分がある。対する『27時間』は完全に時代にそぐわない番組になっていると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る