桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

北村、毎熊、安田…ドラマに欠かせない「ダメ親父」の存在

公開日: 更新日:

「カーネーション」の小林薫、「まれ」の大泉洋と並ぶ北村のダメ親父っぷり。ヒロインが輝くために、ダメ親父はいなくてはならない存在なのかもしれない。

■ダメダメのクズ

 今期のドラマでもう一人、北村とどっこいのダメダメ親父がいる。NHK土曜ドラマ「少年寅次郎」の寅次郎の父・平造(毎熊克哉=32)だ。

 寅さんの少年時代を描いたもので、いってみれば「男はつらいよエピソード0」のようなもの。

 少年時代の寅さんを演じる藤原颯音が渥美清そっくりでよくぞこんな子を見つけてきたという感じだが、その寅次郎に「バカが学校行ったってしょうがない」と悪態をつくクズ親父。

 そもそも寅さんは平造がよその女につくらせた子どもで、雪の降る二・二六事件前夜にくるまやの店先に置かれていたのを、平造の妻・光子(井上真央)が拾って自分の子と分け隔てなく愛情たっぷりに育てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る