ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

たけしさんが棺に腰かけ…お父ちゃん、死んでよかったねェ

公開日: 更新日:

 と思ったら、隣の洋間からギターの音と爆笑の声が……実は林家ぺー、パー子さんも来てくれて通夜を手伝う近所のオバちゃんたちに、こともあろうにギターの漫談を披露し、パー子さんは相変わらずの「いやだ~」を連発!! 冷静に考えたらこっちが「いやだ~!」だよ。

 しかも、その後、かなり遠方よりドドドド……とまるで爆撃機でも飛来したかのような爆音が聞こえてきたと思ったら、フライトジャケットマニアなら、知らない人はいない旧リアルマッコイズの創始者の一人で、日本を代表するスティーブ・マックイーンマニアであり、画家の岡本博氏が、たけしさんの番組を担当する制作会社イーストのプロデューサー、吉田宏氏とともに、サーキットで走るようにもともと造られたんでしょう(多分?)のスーパー7で、普通にフライトジャケットで登場したのだった。

 そんなひっちゃかめっちゃかが続き、通夜の夜は終始たえない笑いの中、ふけていったのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

もっと見る