ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

俺が「オフィス北野」の専務になったいきさつ

公開日: 更新日:

 クルクルクル~クルクルカタン!! 

 おっ、今回は、えっ、目の前に名刺? ウムム! と手に取れば「株式会社オフィス北野 専務取締役 飯塚実(ダンカン)」、あ、俺の名刺だー!! ってことは、今は令和元年、現代ってことかァ! オフィス北野の専務(副社長)なのです。 たけしさんの事務所独立から始まって、たけし軍団がマスコミ宛てに前オフィス北野を糾弾する声明文を出す一連の騒動があった末に、2018年末、正式に、新オフィス北野となり、社長につまみ枝豆、そして専務に俺が就任したのだった。

 だけど、現実社会でこんなことって、あり得ると思います? ドラマや映画で貧しき男が実は王様であったりとか、普通に出会った女性が大スターであったりとか、時折ありますが、ある朝、目覚めたら専務って……。

 いや、冗談ではなく正式に専務になることを知ったのは、自宅で取っているスポーツ新聞の芸能面を、その朝、めくった時だったのです。そこにはかなり大きなスペースを使い、たけしさんの写真入りで「オフィス北野 枝豆社長、ダンカン専務」の記事が載っているじゃあ~りませんか!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る