ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はオフィス北野の専務取締役。

俺が「オフィス北野」の専務になったいきさつ

公開日: 更新日:

 クルクルクル~クルクルカタン!! 

 おっ、今回は、えっ、目の前に名刺? ウムム! と手に取れば「株式会社オフィス北野 専務取締役 飯塚実(ダンカン)」、あ、俺の名刺だー!! ってことは、今は令和元年、現代ってことかァ! オフィス北野の専務(副社長)なのです。 たけしさんの事務所独立から始まって、たけし軍団がマスコミ宛てに前オフィス北野を糾弾する声明文を出す一連の騒動があった末に、2018年末、正式に、新オフィス北野となり、社長につまみ枝豆、そして専務に俺が就任したのだった。

 だけど、現実社会でこんなことって、あり得ると思います? ドラマや映画で貧しき男が実は王様であったりとか、普通に出会った女性が大スターであったりとか、時折ありますが、ある朝、目覚めたら専務って……。

 いや、冗談ではなく正式に専務になることを知ったのは、自宅で取っているスポーツ新聞の芸能面を、その朝、めくった時だったのです。そこにはかなり大きなスペースを使い、たけしさんの写真入りで「オフィス北野 枝豆社長、ダンカン専務」の記事が載っているじゃあ~りませんか!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る